爪水虫 完治 期間

爪水虫が完治するまでの期間は?

皆さま、水虫が完治するまでの期間はどのくらい必要かご存じでしょうか。
なかなか治らないのが水虫のやっかいなところですが、早めに気付くことができ、なおかつ症状がひどくなければ、完治までの期間は2ヶ月程だと思っていてよいでしょう。
しかし、これはあくまでも足の指の間や、足の裏にできた水虫の場合です。

 

ここから怖い話に入りますが、爪水虫の場合、治るまでの期間は2か月なんて思っていたらとんでもないのでございます。
なぜかといいますと、爪水虫は爪の根元が指先まで伸びなければならないのです。
爪水虫とわかってから、市販薬や皮膚科で治療を行い、その時に生えている爪が全部伸びきるまでの期間が必要なので、大体半年程度の期間が必要ということです。
ようするに、今生えている爪が完全にキレイな詰めに生えかわるまでの期間が必要というこなのでございます。
しかし、ご主人さまのように爪が伸びるスピードが遅い人は、もう少し期間が必要となります。
では、半年程度ずっと薬を続けなければならないのかといいますと、実はそうではありません。
皮膚科に通った場合は飲み薬を3〜6か月飲み続けるようになるのですが…この爪水虫用に処方される内服薬は賛否両論あり、副作用が結構ひどいのです。
ですから、爪水虫にかかってしまった方は、完治するまで皮膚科に通いきれず、治らないまま生活を送っている人もいるくらいです。
さらに言うと、爪水虫の場合、半年程度で治るとお伝えしましたが、しかし完治していると思いこんで薬の使用を止めてしまうと、しばらくしてまた同じ症状が現れることが結構多いのです。
爪水虫は、他の水虫と違って、爪の中に白癬菌が入っているので、菌を完全になくすまでは完治とは言えません。

 

 

 

皆さまの周りにはいませんか?
爪の色が変色して、厚みがある人や、爪が欠けている人。
私はご主人さま以外でも何人か見たことがあります。
それが、怖いことに、スーパー銭湯のような場所で見たことがあり、その時は水虫だとは思ってもいませんでしたので、今考えるとぞっとします。
あの時に同じ床を素足で歩いたにも関わらず、うつらなかったのは本当に幸運でした。
しかし、ご本人も爪水虫の自覚がなかったのかもしれません。
そう考えると、同じような方がどれだけいるのか…非常に怖い問題です。
しかし、爪水虫にかかっている人の多くは、別の水虫にもかかっている可能性が高いので、気付くこともできるわけですが、それでもなんだかわからないで過ごしている方がいるということなのです。

 

どんな水虫にせよ、かゆみや痛みがなくなり、見た目で治ったように見えても、実は菌がまだ残っている可能性はありますので、症状が治まっても2か月程度は薬を続けてくださいませ。